FC2ブログ

建築のまえに

Corb [コルブ] 一周遅れの建築と人の話

2018/09

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

100805御神輿は見るもの、担ぐもの

日本では 今は暑さの盛りですが、それは夏祭りの盛りでもあります。

家の近所の杉林に囲まれた狭い境内の神社でも祭りが行われ、子供と大人の御神輿が繰り出しました。

はじめは見ているだけの御神輿もいざ担いでみると、傍で見ているのとは大違いで、担ぐことのむずかしさを肩で身にしみ、数日経った今でもまだ体の痛みが抜けません。

この辺は昔から農家と畑が多く、そこに宅地開発がおこなわれて造られた町ですから、昔からの人と新しい人が混ざり合っています。

むかしからの人たちは、高齢の人も多く御神輿を担ぐのは遠慮しますし、新しい人たちも神社の氏子という意識がないためか、なかなか参加をしてくれないため、どうしても地域との関わりの少ない人たちの助けが頼りになってしまうのも、しかたのないことかもしれません。

      コピー ~ KC3O0011

こんなところにも地域のつながりが少なくなっていることを感じます。

日本には昔からヨーロッパのような広場が無く、かわりに道が人々が出会う広場の役割をしていたと言われていますが、多くの人たちが一度に集まって顔を見ることが出来る、ちょっとした広場が町の中に公共の場としてあっても良いのではないかと思います。

特に、地方の活力の無くなりつつある町ではね。

スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

comment form

管理者のみ閲覧可能
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
copyright © 建築のまえに. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc04doublebar_1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。